アラビアオオカミ

02 14, 2016 | Tag,生物

アラビアオオカミ(学名: Canis lupus arabs)


アラビアオオカミはハイイロオオカミ(いわゆるオオカミ)の亜種。かつてアラビア半島の全域に生息していたとされるが現在ではイスラエル南部、イラク西部、オマーン、イェメン、ヨルダン、サウジアラビアと、恐らくはエジプトのシナイ半島に生息するのみとなっている。


特徴


アラビアオオカミは小柄で砂漠に適応したオオカミである。肩までの高さがおよそ66センチ、体重は18キロ。一般的なオオカミと比べると体の割りに耳が大きく、これは体の熱を発散する役割を持っている。アラビアオオカミは通常はあまり大きな群れを作らず、2頭から4頭程度のグループで狩りを行う。一方で2013年にはBBCのドキュメンタリー番組の取材では12頭の大きな群れがフィルムに収められている。アラビアオオカミは遠吠えを行わない点でも特徴的である。また夏場には短く細い体毛を持つが背中の毛は長いまま残る。これは太陽光から皮膚を守るための適応と考えられている。冬毛は長いが北に暮らすオオカミほどではない。他の犬科の動物と同様に汗腺を持たず、体温の調整は呼気で行う。他のオオカミと違う特徴として、アラビアオオカミの指のうち、真ん中の2本が融合している点が挙げられる。これはリカオン(アフリカン・ワイルド・ドッグ、またはハイエナイヌ)に起源を持つ特徴と考えられている。アラビアオオカミは青白い体色と、小さいサイズ、小さい頭からインドオオカミと区別される。


食性、生息状況


アラビアオオカミはケープノウサギなどのげっ歯類、ガゼルなどを食べる。一方で死肉も食べ、家畜を襲うこともある。オマーンでは狩りが禁止されて以降爆発的に生息数が増加した。イスラエルではネゲヴとアラバの谷で100から150頭が確認されている。イラクではアラビアオオカミの生息数が増加するにしたがって村人や農業関係者に深刻な被害を与えている。


広告
0 CommentsPosted in 雑学
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks
Top
プロフィール

じょなさん

Author:じょなさん
元バックパッカーの引きこもり、世界に飛び出す引きこもり。当初は役立つ情報を、と思っていたんだけど自分の興味しか書けないね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ