カレーに入ったネズミがバングラディッシュの大学を篩いにかける (翻訳記事)

12 08, 2010
素地価に身疎な素寸
By Ethirajan Anbarasan
BBC News, Dhaka

http://www.bbc.co.uk/news/world-south-asia-11939940

生食堂で出されたチキンカレーにげっ歯類の肉が混入した事件以降、バングラディッシュの大学関係者は大々的にネズミ撲滅キャンペーンを展開している。

件はバングラディッシュ西部のラジャヒ大学で起こった。

一人の生徒がランチの中にネズミの頭を発見し直後、彼ははひどい吐き気に苦しめられたスポークスマンが語ってくれた。

の事件の直後、怒れる何百人もの学生が料理長への処分を求めてデモをうった。

理長は現在、警察当局に容疑者として身柄を拘束され、事件に関する事情聴取を受けている。

私は学生たちに、二日間は大学の食堂で食事を摂らないようにと、すぐに食堂のネズミを一掃するオペレーションを開始すると通達を出しました大学監督官のチョードゥリー・モハンマド・ザカリーヤが話してくれた。

これは大変不幸な事件で、300人に及ぶ怒れる学生が集まり学生食堂の杜撰な衛生管理を糾弾しました

もし自分の食事の中にネズミが入っていたとすれば、私とて怒りを抑えきれるものではないでしょう

のネズミの肉の混入が、果たして意図的に行われたものなのか否かをはっきりとさせることはできなかった。

2009年の9月、月に8万匹ものネズミ類を駆除したと豪語するチームを率いる一人の農夫がネズミ取りチャンピオンの称号を得るに至った。

カイラム・イスラムは、500人の農夫、官僚の出席するダッカのセレモニーで商品であるカラーテレビを受け取った。

ジャヒ大学は国内でも最大級、北バングラディッシュでは最大の大学である。

広告
0 CommentsPosted in 未分類
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks
Top
プロフィール

じょなさん

Author:じょなさん
元バックパッカーの引きこもり、世界に飛び出す引きこもり。当初は役立つ情報を、と思っていたんだけど自分の興味しか書けないね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ