Sina Vodjani

11 07, 2009 | Tag,ワールド・ミュージック


sina vodjaniとの出会いはネパール。ネパールを旅したことのある人なら誰もが耳にした“おんまにぺめほーおんまにぺめほー”と30ぷん繰り返すCDが欲しくて探していたところ間違ったCDを買わされたのがsina vodjaniだった。

店の人に騙されてへんな音楽を買わされたということでしばらく眠らせていたわけだが、改めて聴いて行くうちにだんだんと好きになってきた。もしかしたら“おんまにぺめほー”と30分繰り返すCDよりもいいから騙されたと思って買っていけという意味だったのかもしれない。“おんまにぺめほー”と30ぷん繰り返すCDもあるけど若干くどい。

sina vodjaniはサイケデリックにニューエイジ的音使いのアジアンアンビエントというかもう読経トランスでいいや。sacred budhhaはsinaの代表作にして、特に読経色が強いのだが、sinaを聴きこむとdancing dakiniこそ至高。こちらは傑作ながらsinaよりも名の知れたchoying drolmaとのコラボレーション作品なので意外と知られていない。
*  *  *


意外とっていうかアマゾンにも売ってないわけだが、Buddha Bar に収録されたことがあるので、もしかしたらそっちから耳にしたことがあるひともいるかもしれない。

プロフィールによればSinaは、フランス人の母とペルシア人の父を持ち、さらに世界各地を転々としながら育った。彼の音楽の源泉として「祈り」を重要なものと位置づけており、各地の宗教はもちろん、気功、ヨガ、シャーマニズムに造詣が深い。

まだ聴いていないが、去年だしたアルバムは日本がテーマだ。


広告
1 CommentsPosted in 音楽
1 Comments
By Kyoji Nakamura02 01, 2013 - URL [ edit ]

1/18to22までデュッセルドルフボートショウで彼に会いました。
ヨットの写真をデジタル化したアートを展示していました。奥さんは日本人で
ピアニストです。現在はハンブルグに在住のようです。と同時にミージシャンです。合致すればよいのですが。。。。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks
Top
プロフィール

じょなさん

Author:じょなさん
元バックパッカーの引きこもり、世界に飛び出す引きこもり。当初は役立つ情報を、と思っていたんだけど自分の興味しか書けないね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ