このロリコンめっ!

01 19, 2011
ロリコン

幼女への性的嗜好には、父性がベースになっている場合と、対象に処女性を求める場合の2つがある。大きく違う点は、父性が観測者の側に生じるものであるのに対し、処女性は観察対象の側にある。当然、観察の枠を超えてしまいがちなのは後者だ。

父性からくる性衝動と処女性への嗜好は完全に両立しうる、そのうえ影響しあう。なのでその程度、深度は様々あろうと思うのだが、ある程度の判断が可能であるように思われる。いわゆる天然派、商業派というのがそれだ。父性は商業に向かうし、処女性は天然に向かう傾向がある、――ように思う。今のところそんな統計はない。

天然とは素人のスナップショットあるいは隠し撮りで、出回っているものには目線が入れられているのが普通だ。笑顔のショットは少ない。どんなシチュエーションでもありうるが、たとえば海水浴場、潮干狩りで女の子がしゃがんでいるポーズは人気が高い上に弾数が多い。書店ショットというのも意外と多い。

商業というのはいわゆるグラビアだ。モデルはプロの場合も、セミプロの場合も、もちろん趣味の場合もあるかも知れないが、目線が入っていないし、笑顔も入れば何よりも写真の質がいい。特定のジュニアアイドルのファンになることもできる。豪華なロケーションにリアリティは無いかも知れないが夢がある。

商業派は天然派を理解できない。目線が入っていて笑顔のショットが少ないとなれば、いわゆる子どもの魅力はほとんど失われている。それでは父性を満足させることはできない。

もうひとつ、虹というジャンルがある。これは二次元という意味で、要は絵。流行の表現を用いるなら非実在青少年ともいうらしい。これは飽くまで絵。

そもそも愛情と性愛に区別などない。ペットに対する愛情も、異性に対する愛情もおなじ種類のものだ。「性的な接触」を性欲を満たすための絶対条件でなくした瞬間に、人はなんだろうと性的な対象とすることができるようになる。対称が戦車であるよりは人間であるほうがそのことに気づき易いのだ。

父性が性愛に変わる瞬間、人は愛情と性愛に区別などないことを悟る。悟りを開く。ロリコンの誕生である。

ちなみに多くのロリコン、商業派と虹派は特に、ロリコンを趣味だと考えている。戦車に置き換え可能なのだ。
広告
0 CommentsPosted in 雑記
プロフィール

じょなさん

Author:じょなさん
元バックパッカーの引きこもり、世界に飛び出す引きこもり。当初は役立つ情報を、と思っていたんだけど自分の興味しか書けないね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ