アンドロイドを作るためにLispを勉強している(5)

10 25, 2010


回はアハムービーを見ていただこうと思う。


た物を片っ端から忘れて行く。何もみていないくせにしっかり見ているような気がする。ぱっと写真を見せられればその瞬間に空は空のシンボルに置き換わり、山は山のシンボルになる。空も山もどうでもよくなってさわやかな印象だけを残す。その印象が見ていないものをみているように思いこませる。実際には写真の端の4つの角と中央の人物の顔くらいしか見ていない。

ぼくの背後には本棚がある。そこにあるべきだし、さっき部屋に入ったときも違和感がなかったのでやっぱりそこにあると考えるのが自然だろう。人間が見ていると思い込んでいるものはこれとほとんどかわらない。本棚が何段あったかは思い出せない。別のデータからなら、たとえば所有している本のデータから本棚の棚数を推論することは可能かも知れないが、いまぼくの背後の本棚は「本棚」というシンボルでしかない。見たと思い込んでいるものは片っ端から抽象化されていく。物や状況によって圧縮率がことなり、しかもトリガーはものすごく情緒的だ。ある人がどの車に乗っているか覚えていなかったり、特定の人の車に関しては色や車内の様子まで思い出せたり。本の並びは思い出せなくても「あれ、だれか触ったかな」と感じたり。普通目が行かないだろうという場所に落ちている女性の髪の毛に気がついたり。

論とは忘却だ。人間が見た、あるいは経験した記憶は全てクオリアに置き換えられている。「本の位置が変わった"気がする"」というのは映像データの比較ではない。事象を記憶しているわけではなく、その時点での情緒のパラメータを記憶していると見るべきだと思う。本が入れ替わっていると、本棚の映像を覚えていなくとも本棚の印象が変わる。映像自体は削除してしまう程の豪快な非可逆圧縮データと、驚くべきはそのデータからの生成能力の高さ。クオリアを人間が獲得した究極のデータ圧縮方式と言わずしてなんとしよう。そしてこれはぼくがぶつかったアンドロイド製作の壁でこのシリーズを書いたのはその記念。また何かに気がつけば続きを書こうと思う。


←アンドロイドを作るためにLispを勉強している(4)

広告
プロフィール

じょなさん

Author:じょなさん
元バックパッカーの引きこもり、世界に飛び出す引きこもり。当初は役立つ情報を、と思っていたんだけど自分の興味しか書けないね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ