近代史のまとめ

04 24, 2010
ginza m9
明治9年ごろの銀座

 本が好きな人なんかと話をしてると、自分が近代の歴史をまるで知らないことに気づかされる。中世以前の知識は学校教育で十分。しかし近代以降となると学校教育では出来事や事件の名称と年号に触れる程度で、その背景にまで踏み込んだ授業はなされない。坂本龍馬が死んでしまうと、なんちゃら条約、事変、会談、合意なんて言葉だけがうわふわと浮遊していてそれらがまるでつながりを持ってくれない。

 近代以降は自主的に学ぶよりしょうがない。これは学校教育の歴史のカリキュラムに原因があるのだろうとずっと思っていた。
 でもどうもそれだけじゃなくて、近代になるととにかく制度が複雑になってくる。中世以前であれば、大まかな出来事と年代を覚えているだけで、横のつながり、影響までイメージできる。ところが近代となると、歴史の背景を知るためには社会科学、いわゆる公民の分野の知識が必要不可欠になってくる。そのせいで背景にまで踏み込んだ説明ができないのではないかという考えが浮かんだ。

 なるほど、だとすれば近代を読み解いていくことで、徐々に複雑化するシステムの理解を深める助けになるのでは? そんな思いつきで、近代史をまとめてみようと思った。軽い気持ちではじめたものの、結構大変だった。

 明治維新~第二次世界大戦の終わりまでをみていきたい。

続きを読む »


広告
0 CommentsPosted in 社会科学
プロフィール

じょなさん

Author:じょなさん
元バックパッカーの引きこもり、世界に飛び出す引きこもり。当初は役立つ情報を、と思っていたんだけど自分の興味しか書けないね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ