インド映画 Black

12 04, 2009 | Tag,インド映画


2005年/インド/ヒンディ、英語/123分/

ヘレン・ケラーの話をなぞりつつ展開したというようなストーリーで、三重苦にあえぐ主人公ミシェルの幼少期を演じるのがアイシャ・カプール。成長したミシェルを演じるのがラーニー・ムケルジー。ラーニーはインド国内外で人気の高い女優で、ぼくがこの映画を見てみる気になったのもラーニーが出てるから。インドを感じさせつつも濃すぎない顔とハスキーボイスがラーニーの魅力だ。そしてミシェルの家庭教師を演じるのがアミタブ・バッチャン。スラムドッグミリオネアで、ジャマール少年が汲み取り便所にに飛び込んでまでサインをもらいにいくシーン、あれがアミタブ・バッチャンだ。全盛期は過ぎたものの貫禄抜群のスーパースター。

この映画、評判はよかったのだがいまいちだった。後半がまるで面白くない。もっというと三重苦の少女を演じるアイシャ・カプールの演技が神がかっていて、彼女が言葉を覚えたシーンで映画を一本見終わったときのすがすがしい脱力感に襲われる。もうおなかいっぱいだった。

当時10歳のアイシャ・カプールはドイツ人とのハーフで、インドの高級皮革ブランドHIDESIGNのご令嬢。可愛さというよりは芯の強い、聡明な印象を受ける。そして今年、アイシャ・カプールが出演する第二作sikandarが公開された。(もちろんインドでだけど)
広告
0 CommentsPosted in 映画
プロフィール

じょなさん

Author:じょなさん
元バックパッカーの引きこもり、世界に飛び出す引きこもり。当初は役立つ情報を、と思っていたんだけど自分の興味しか書けないね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ