BBCのショートクリップでリスニング勉強しよう 第2回

11 20, 2017 | Tag,BBCのショートクリップでリスニング勉強しよう,生物,英語学習,英語

Young Fox Hunting In The Snow - Life Story - BBC

今回はホッキョクギツネ。真っ白でとってもかわいい。今回難しい言い回しは無いものの実況要素があるので変則的に聞こえるかな。


A young fox on these barren wastes may have to travel 100 km a day, serching for food.
Scratching for scraps and scavenging from others; it's a meager existence.
And the worst of the winter is still to come.
By midwinter, temperatures drop to minus 50 degrees Celsius, and deep snow makes scavenging nearly impossible.
But a faint sound beneath the snow may be this fox's salvation; Lemmings.
It's time to become a hunter.
But catching what you can't see is not easy.
It's hard to judge the leap, and the depth of the snow.
Too deep, and you get stuck.
Too shallow, and it can be rather painful.
It's going to take time, but mastering lemming hunting is vital if a young fox is to make it through the winter.
At last, this fox is on his way.
But if he is to survive until spring, he'll need to make a catch like this every couple of days.
広告
0 CommentsPosted in 英語学習

BBCのショートクリップでリスニング勉強しよう 第一回

10 22, 2017 | Tag,英語学習,BBCのショートクリップでリスニング勉強しよう

Hungry Polar Bear Ambushes Seal - The Hunt - BBC Earth

At this time of year, pollar baers, on average, succeed only once in twenty hunts.
If the hunter is skinny like this one, that may not be often enough.
All she can do is keep trying.
To prevent her scent betraying her, she makes a wide sweep to get downwind of the seal.
Getting close.
She is now right behind the seal.
Incredibly, she caught the seal under water.
It's only small, but even so, its blubber alone will contain a hundred thousand calories; enough to sustain this bear for a week.
And in that time, she might even catch another.
But this can't go on forever.
As summer continue, templatures are rising.
Each hunt requirs more energy, draining the bears more reserves.


Tips
that may not be often enough: "that"は"once in twenty hunts"。「この割合は十分な頻度ではない」

betray: 「秘密を〉漏らす、密告する」

a hundred thousand calories: 英語ではグラムカロリーとキロカロリーを区別しない。表記では"cal"と"Cal"になる。日本語ならここは10万キロカロリーとするところ。

draining: 接続詞+主語+動詞を「コンマ+ing」で表す。ドキュメンタリーでは頻出。"Each hunt requirs more energy, and the hunt drains the bears more reserves".

reserves: 蓄え
広告
0 CommentsPosted in 英語学習

NHKのドキュメンタリー、欲望の資本主義、概要

09 20, 2017 | Tag,社会科学,経済,政治
ブレトンウッズ協定でのケインズ
画像: ウィキメディア・コモンズ


NHKのドキュメンタリー「欲望の資本主義」を見た。備忘録的にここにまとめておこうと思う。英語放送、NHK world で見たので細かな表現は違っていると思うけど。

おおむねトーマス・セドラチェクの経済学を辿る内容なのだと思う。結論は今までのような資本主義のシステムは限界を迎えており、転換期を迎えているというもの。結局のところ結論は出ていないもののプロセスがおもしろかった。

例えば日本の政治家にも「ゼロ成長」を前提とした経済政策を唱える政治家がいる。わたしはこの考え方に賛同できないが、ではなぜ彼らはゼロ成長を前提とする考え方に落ち着いたのか、という理由がこのドキュメンタリーの途中に述べられている気がする。2008年の金融危機以前の成長率を達成することはなぜ不可能なのか。これが大きなテーマの一つとなっている。

様々な人物の対談形式で話が進む。各人のお話の要旨を段落ごとにわけてまとめた。引用っぽく見えてしまうかもしれないけどわたしが要約している。人名のない段落はナレーション及び私の補足。

続きを読む »


広告
0 CommentsPosted in 社会科学

カジュアルな日常英会話例文 part5

08 20, 2017 | Tag,英語,英語学習
今回は事件に出くわしたときに役に立ちそうな例文中心。

続きを読む »


広告
0 CommentsPosted in 英語学習

バビルサの牙はいずれ自らの頭蓋骨を貫通するという都市伝説

07 20, 2017 | Tag,雑記,生物

画像: https://en.wikipedia.org/wiki/File:Babyrousa_celebensis_-_Crane.jpg


バビルサの牙はいずれ自らの頭蓋骨を貫通するという噂がある。どうも眉唾な感じがしたのでいろいろ調べてみたところ、全くのでたらめとは言えないが都市伝説の域を出ない、と言う結論に達した。

続きを読む »


広告
0 CommentsPosted in 雑学
プロフィール

じょなさん

Author:じょなさん
元バックパッカーの引きこもり、世界に飛び出す引きこもり。当初は役立つ情報を、と思っていたんだけど自分の興味しか書けないね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ